PCMAXでは一日一回無料で投稿できる掲示板を活用すべき

PCMAX(PCマックス)には一日一回、無料で投稿できる掲示板があります。

男性の多くは女性のプロフィールをチェックし、気になる女性がいたらメールを送るという流れでPCMAXを利用しています。

しかし、掲示板も合わせて活用すると、もっと早く良い出会いを見つけるチャンスが増えてきます。

せっかく無料で使えるのですから、掲示板をフル活用していきましょう。

PCMAXでは一日一回無料で投稿できる掲示板へ投稿するやり方

掲示板に投稿するにはまず、投稿したい地域を選びます。

基本的には自分が住んでいる地域を選ぶのが無難で、たとえば東京住みの方なら東京を選ぶといいでしょう。

同じ東京に住む女性に見てもらえる可能性が高まります。

次にジャンルと呼ばれる、目的を選びます。

メル友探しや今から遊べる人限定など、色々なカテゴリーがありますので自分の目的に合ったカテゴリーを選びましょう。

カテゴリーを選び終わったら投稿のタイトルと内容を入力します。

タイトルも含めて、やはり内容が重要になるのでどんな内容なら女性がメールを送ってくれるか、しっかり考えながら入力していきます。

自己紹介なんかがあると女性が返信しやすくなります。

写真や動画を添付するかも選べますので、必要ならどちらかを添付しましょう。

自分の顔写真が添付してあると女性も安心です。

最後に、女性からのメールを何通まで受け取るか、その上限を決めて投稿となります。

PCMAXにはピュア掲示板とアダルト掲示板の2種類がある

PCMAX(PCマックス)の掲示板にはピュア掲示板アダルト掲示板の2種類があります。

ピュア掲示板は純粋なメル友や友達探しなど、ピュアな目的で使う掲示板です。

アダルト掲示板は不倫など、もう少し踏み込んだ関係を希望する時に使う掲示板です。

女性はやはりピュア掲示板を利用することがほとんどで、アダルト掲示板をチェックしている女性は少ないのですが、0ではないので自分の出会いの目的に合わせて2つの掲示板を使い分けることが大切です。

目的に応じてピンポイントで使う掲示板を分けられるのはとても便利です。

多くの女性に見てもらいたいならピュア掲示板ですが、アダルトな関係を希望するならアダルト掲示板も役立ちます。

PCMAXの一日一回無料で投稿できる掲示板は投稿の削除に注意

掲示板に投稿する内容によっては、運営に削除される可能性があります。

PCMAXのルールに違反した書き込みが削除対象になりますので注意しましょう。

たとえば電話番号やメールアドレスなど、個人を特定できるような情報は自分のものであっても投稿禁止になっています。

掲示板にメールアドレスを載せて、直接メールをもらうようなことはできないわけです。

この他にも金銭のやり取りに関する内容や、公序良俗に違反するような内容は禁止となっています。

無料で投稿できるのは一日に一回だけですので、無駄にならないよう、投稿する内容にも気を付けることがポイントです。

PCMAXの掲示板は一日一回無料で投稿できるから毎日投稿すべき

一日に一回なら無料で投稿できますので、できれば毎日投稿するのが理想的です。

たまに一回投稿する程度では女性からメールが来る可能性も低いですし、毎日投稿していれば色々な女性の目に止まります。

PCMAXを少しでも活用するなら、面倒でも毎日投稿していきましょう。

特定の目的で掲示板を利用するなら、内容は毎回同じでも構いません。

特に内容は長文になることもあるので、コピーしてメモ帳アプリなどに保存しておくと便利です。

投稿の手間を省くように工夫しておけば、毎日の投稿も簡単で面倒がなくなります。

お金の節約にもなるので、とても便利な機能です。

自分からメールを送る女性は少ないものの、それでもメールをくれる女性もいます。

掲示板のメッセージを読んだ女性の方からメールをもらえた場合、自分に興味があるということなので話も進みやすくなります。

メリットは大きいので、無料という点を活かして積極的に投稿しましょう。

PCMAXでは一日一回無料で投稿できる掲示板を活用すべきのまとめ

有料の出会い系サイトでありながら、PCMAXで掲示板に一日一回、無料でメッセージを投稿できるようになっています。

女性会員のプロフィールを読んで、気になる女性にメールを送るというやり方もいいものです。

ただ、たった1つのメッセージで一気にたくさんの女性にアピールできるのがPCMAXの掲示板の大きなメリットです。

ですから、掲示板も一日一回ずつ、活用していくとさらに良い出会いが見つかりやすくなります。

900万人も会員がいるPCMAXで、一気にたくさんの女性にアピールできる掲示板を無料で使えるのですから、掲示板をフル活用するべきです。